カルメル会修道会の修道士たちが運営するサンタンナ薬局

カルメル会修道会の修道士たちが運営するサンタンナ薬局

ジェノヴァ中心地からサンタンナ行きのケーブルカーに乗り、高台の住宅地の一角にひっそりと建つ、サンタンナ広場へ。ここにサンタンナ教会と修道院に並んで現在も修道士たちによって運営される珍しい古い薬局、「アンティーカ・サンタンナ薬局(1650年創業)」があります。こちらでは、伝統的な生薬や薬草を使ったハーブティーやスキンケア商品などが取り扱われ、薬剤師の方がさまざまな症状に合わせておすすめの商品を紹介してくれます。今回、普段は非公開の施設内部を特別にご案内します!

ビジネスで成功後、修道士になったジェノヴァの名家の御曹司

ビジネスで成功後、修道士になったジェノヴァの名家の御曹司

ジェノヴァ共和国の名家ドーリア家出身のニコロ・ドーリアは、スペイン王国への大きな融資などを行い、金融業界で活躍しました。あるとき仕事でヨーロッパを船旅で移動中に大きな海難事故に遭遇。奇跡的に助かった彼は、スペインでアビラの聖テレサに出会ったことをきっかけに、修道士になることを決意し出家。1584年、ジェノヴァで家族の援助を受け、サンタンナ教会と修道院を建てました。
教会の名前になっているサンタンナ(=サンタ・アンナ)は聖母マリアの母親で、祭壇上に母アンナと子供の姿のマリアの像があることがこの教会の特徴です。祭壇の後方にある大きな絵には、母アンナに手を引かれイエスを身ごもりお腹が大きくなった聖母マリアが描かれた作品(16世紀)を、今回特別に見せていただきました。受胎告知の絵は数多くありますが、お腹の大きな聖母マリアの絵は大変珍しいのだそう。反宗教革命の時代に妊娠中の姿絵が禁止されたため、この時代の作品で現存するものはイタリアでは数点のみ。
また、教会に隣接されている修道院には、修道士を志す若い見習いから高齢のベテラン修道士までが、共同で生活をしています。気分転換をするためのレモンの木が茂る美しい回廊や、家族が訪問する際の面会室や宿泊部屋があり、皆の生活風景が垣間見られます。

300年以上前から変わらぬレシピで作られるリグーリア州名産のバラのシロップ

300年以上前から変わらぬレシピで作られるリグーリア州名産のバラのシロップ

教会と修道院が建てられた後の1650年に、貧しい人々を身体の病から救済することを目的として、修道院に隣接した薬局が作られました。次第に彼らの作る薬が評判となり、北イタリアを中心に需要が広がりました。
敷地内の庭ではバラを栽培し、シロップなどの商品を作っています。リグーリア州は食用バラの名産地で、バラの花弁を使ったシロップは有名。冷水に薄めて飲んだり、ヨーグルトにかけたり、お菓子の香りづけに使ったり……と、用途はさまざま。一昔前までは、リグーリア州の家庭に必ずといっていいほど常備されていたものでしたが、一度下火になりました。しかし最近再び注目され始め、女性へのプレゼントや観光客のお土産として人気です。サンタンナ薬局では、なんと1700年からある古いレシピを使用し、薬局内の小さな工房にて全て手作業でシロップが作られています。甘さ控えめで非常に上品な風味です。咳止めなど呼吸を助ける効果があり、250mlの小さな瓶から販売されています。
余談ですが、イタリアで最初にジャガイモが栽培された場所は、実はこの庭なのです。ジャガイモは元々ヨーロッパにはなかった植物。ニコロ・ドーリアが、アメリカからスペインに持ち運ばれたジャガイモを、この修道院に持ち込みました。ちなみに最初は食用ではなく、花の観賞用に栽培されていたそうですよ!

薬局長の修道士エツィオさんは、いつもにこやかで町の人々に愛されています。もとは化学者だった彼は、後に薬理学を学び、薬剤師になりました。化学が発達していなかった時代からある伝統的な民間療法やハーブなどについて、現代化学の知識をもとに、安全で効果的な使い方を素人の私たちに分かりやすく説明してくださいます。エツィオさんは修道士としての多忙な生活の合間を縫って、個人面談や遠くに住んでいる方に向けては電話での健康相談を行っています。日々の健康の悩みに真摯に相談に乗ってくださり、出会った人々はお話をするだけで不思議と癒されていきます。
薬局内の木製の飾り棚に展示された製品は、食用品(食後酒、蜂蜜、のど飴など)、健康改善が期待される自然薬(ハーブティー、シロップ、錠剤など)、美容品(シャンプー、基礎化粧品、香水や歯磨き粉など)の3つのカテゴリーに分かれています。多忙な薬局長エツィオさんには予約でしか面会できませんが、薬局には薬剤師の方が常時待機していますので、不眠やイライラ、女性特有の悩みなどを相談すると、おすすめ製品やその使用方法を教えていただけます。美容関連品をお求めの場合はテーブルの上に試供品がいくつか置いてありますので、匂いや肌触りを試すことができますよ。サンタンナの名前の付いた香水は、とてもよい香りでおすすめです。
ジェノヴァへお越しの際は、足をぜひ運んでみてください。

カルメル会跣足派修道会修道士たちのアンティーカ・サンタンナ薬局 (Antica Farmacia Sant’Anna dei Frati Carmelitani Scalzi)
住所 Piazza Sant’Anna 8, 16125(GE)
TEL010 2513 285
営業時間月〜金曜8:30〜12:30・15:45〜19:00、 土曜8:30〜12:30
休日土曜の午後、日曜、6月24日、8月、12月25日〜1月6日、イタリアの祝日

大西 奈々

2011年よりジェノヴァ在住。日本で芸術大学修士課程修了後渡伊、音楽院を卒業。演奏会でリグーリア州各地を周り、小さな街の独特の文化や景色に魅せられる。趣味は休日に骨董市をまわったりジェノヴァ近郊の街を探検する事。バリエーション豊かな伝統工芸品やリグーリア産の食材の産地、料理の情報をお届けいたします。

リグーリアの関連コラム