おいしい!の始まりは、朝市メルカートから

おいしい!の始まりは、朝市メルカートから

イタリアの各地で開催される朝市、メルカート。シラクーサのメルカートは 月曜から土曜日の朝8:00〜13:00頃まで。旧市街オルティージ島の入り口近く、紀元前6世紀に造られたアポロ神殿の横の道には、300mにわたり、衣料品、野菜、魚、チーズ、ドライフルーツにスパイスなど……お土産によさそうなものから今すぐ食べたいものまで、所狭しと屋台が並べられています。さらに生牡蠣、白ワイン、絞りたてのオレンジジュース、ゆでタコ、巨大なパニーノ、そして、マグロのナタ切りの解体ショーまで、おいしい&楽しいがいっぱいです。

マグロの解体ショーとシチリア音楽のおまけ付き

マグロの解体ショーとシチリア音楽のおまけ付き

シチリアと言えば、魚介類! 夏のこの時期のメルカートの魚屋には、本マグロにカジキマグロが店頭に横たわり(本当に横たわっているんです!)、クエ、カンパチ、イカ、タコ、タチウオなど、日本でもおなじみの魚たちが並んでいます。買い方は日本と同じで、欲しい物と量を伝えます。シラクーサのメルカートの名物おじさん・アンジェロの魚屋では、その場でマグロなどの大きな魚の解体ショーが始まります。ナタの様な巨大な包丁で、ガンガンガンとかわいそうなほどこっぱみじんに解体され、ニッコニコな笑顔で渡されます。さらにご機嫌な場合は、息子のギターとタンバリンのリズムに乗って、演歌のようなシチリア音楽を歌ってくれます。こんな陽気なシチリア音楽を朝から聴くと、不思議と食欲がわいてきます!

黄金の果実と呼ばれるトマトの品種数にびっくり

黄金の果実と呼ばれるトマトの品種数にびっくり

メルカートで目を引く、カラフルなフルーツや野菜。ここではトマトはトマト屋で購入します。さすが、イタリア。イタリア料理に欠かせないトマトは別格なのです。大航海時代に南米から持たされたトマト。イタリア語ではポモドーロ(Pomodoro) 。「黄金の果実」という意味合いから名付けられています。その種類の多いこと! チェリートマトの産地のシラクーサでは、チリエッジーノ(Ciliegino)は外せません。この時期大量に作られる自家製トマトソースは、この品種を使います。シチリアの太陽を浴びて育ったパキーノ産は、格別に甘くおいしく濃厚な味わい。ブルスケッタやバジリコとのシンプルなサラダでも十分においしく、驚きます。ダッテリーニ(Dattelini)、 サン・マルツァーノ(San Marzano)、ピカデリー(Picadelly)、コストルート (Costoluto)……。サラダ用、煮込み用などとそれぞれ用途によって、お店の人が説明とアドバイスをしてくれます。黄色のチェリートマト、チリエジーノ・ジャッロ(Ciliegino Giallo)も、近年の流行り。酸味も甘味もやわらかで、色もキレイ。 マグロのボッタルガ(カラスミ)との相性も抜群です。乾物屋さんには、ドライトマトが山積みに。ドライトマトにも、チリエジーノやピカデリーと種類があり、お店によって塩味が異なります。味見をしながら自分好みのドライトマトを見つけて下さい。

メルカートの食材を使った料理教室

メルカートの食材を使った料理教室

メルカートの食材を見ていると、お料理したくなりますよね〜。レストランでのお料理教室プランでは、メルカートの食材をそのままレストランでお料理し、ランチにいただきます。季節の食材を使ったシラクーサらしいチェリートマトのトマトソース、本マグロのステーキのピスタチオソース。イワシのシラクーサ風パスタや、イカスミのリゾット。オレンジのサラダやナスのカポナータ。ドルチェは、カンノーロやレモンのケーキなど。リクエストに合わせたレストランならではの家庭料理プラスひと工夫の料理に、冷えた白ワイン。海が見える厨房で、楽しくお話ししながらの料理教室です。きっとあなたもシラクーサ好きに!

メルカート・ディ・オルティージ(Mercato Di Ortigia)
住所 Via Emanuele De Benedictis(SR)
営業時間8:00〜13:00
休日日曜
ラ・カンブーサ(La Cambusa)
住所 Passeggio Aretusa 9(SR)
TEL093 1465 707
営業時間12:30〜14:30、19:30〜22:30
休日冬季長期休暇あり

秋草 奈緒子

シチリア州東部 シラクーサ在住。 旧市街オルティージャ島にて、シチリア料理と和食のレストランla cambusa (カンブーザ)を経営。 笑いの絶えないシチリアでの生活。旅行。食事。 シチリアのシンボル、3本足のトリナクニアがあなたを待っています! (写真:パプリカと私 in シチリア)

シチリアの関連コラム

関連する旅プラン