12月は家族でクリスマスのお菓子作り

12月は家族でクリスマスのお菓子作り

12月と言えばクリスマス。キリスト教国家のイタリアでクリスマスと言えば、キリストの生誕をお祝いする宗教上の祝日。日本ではクリスマスは恋人や友達と楽しく過ごす1日ですが、信仰心がとても厚いシチリアに住んでいると、クリスマスが単なるお祭りではないことを強く感じます。今回は、そんなシチリアで作られるクリスマスの家庭菓子をご紹介します!

12月8日はクリスマスのお菓子作り

12月8日はクリスマスのお菓子作り

イタリアでは12月8日の「インマコラータ・コンチェツィオーネ」(キリストの母マリアが罪を持たずにその母アンナのお腹に宿った日)から、翌年1月6日の「エピファニア」(キリストの生誕を東方から三博士が祝福しに来たと言われる日)までがクリスマス期間。クリスマス期間が始まる12月8日は祝日で、この日は多くのマンマ達がおうちでクリスマスのお菓子を作ります。初めてその風景を見た時、その量の多さに驚きました! それもそのはず。シチリアの家庭ではこの日に作ったお菓子を、クリスマス期間中に来る来客に振る舞うため、家には大量のお菓子をストックしておく必要があるのです。さらに作ったお菓子がなくなり次第また作るため、期間中、何度も何度もお菓子作りをするマンマ達。仕事もしている人が多くて忙しいはずなのに、本当にタフなシチリアマンマに脱帽です。

イチジクのビスコッティは夏に作った干しイチジクを使って

イチジクのビスコッティは夏に作った干しイチジクを使って

私が住む街トラーパニの家庭で作るクリスマス菓子として、まず思い浮かぶのがイチジクのビスコッティ。夏に庭に実るイチジクを干してクリスマスの時に使うのがマンマ達のこだわりです。「クリスマスのビスコッティのためにイチジクを干さなきゃね」というのは私のスオーチェラ(義母)。作ったビスコッティを皆が「おいしい!」と言ってくれるのが嬉しいそうで、毎夏、せっせとイチジクを干しています。
イチジクのビスコッティは中にイチジクとアーモンドをベースとした生地が入っているのですが、素朴な味わいがやめられない、とまらない。そして上面にデコレーションされたカラースプレーがカラフルでシチリアっぽくて、なんともかわいらしい。クリスマスの時期には朝ごはんにも食べられるシチリアの家庭で大人気のクリスマス菓子です。

家族総出でスフィンチを作ろう!

家族総出でスフィンチを作ろう!

そしてもうひとつ、スフィンチもクリスマス菓子の代表格。粉とジャガイモで作った生地を醗酵させてつくるスフィンチ。生地の水分量が多いので、こねるのも大変、醗酵させなければならないので時間もかかる、そしてそれを揚げるのにも時間がかかる。形は至ってシンプルなのに、とっても手が込んでいるこのお菓子。マンマ1人で作るのはとっても大変なので、家族総出でスフィンチ作り。私の友人パトリッツィア曰く、「12月8日に家族でスフィンチを作るのがとっても楽しみ!」と、12月が近くなるとソワソワし始めるそうです。揚げたてはモッチモチの食感がなんとも言えずおいしい! 揚げている横からついつい誰かの手がのびて、「ダメよ!」とマンマが怒るのがお約束。

クリスマス当日は家族全員集まって食卓を囲むのがシチリアのクリスマス。そんなシーンに欠かせないのもやっぱりマンマが作ったクリスマスのお菓子。それは家族の誰もが笑顔になるクリスマスに欠かせない重要な一品なのです。

佐藤 礼子

2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然に魅せられ、シチリアに残ることを心に決める。シチリア食文化を研究しつつ、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」を主宰、トラーパニで活動中。年に数回日本でも料理教室を開催。趣味は畑とオリーブオイル造り。

シチリアの関連コラム

関連する旅プラン