“バーニョ・ヴィニョーニ”シエナ県南のオルチア渓谷に佇む隠れ家温泉スポット!

“バーニョ・ヴィニョーニ”シエナ県南のオルチア渓谷に佇む隠れ家温泉スポット!

日本と同じく火山大国のイタリアは実は温泉が多い国。今回はトスカーナ州シエナ県南のオルチャ渓谷“サンクイリコ・ドルチャ”の隠れ家的温泉スポット「バーニョ・ヴィニョーニ」をご紹介。かつてのローマ法王、メディチ家やシエナの聖人サンタ・カテリーナも訪れたというこの小さな温泉療養地は、ワインの名醸地モンタルチーノやモンテプルチアーノ、ピエンツァに挟まれた場所にあるため、ワイナリーを巡りながらブラっと立ち寄ってお散歩するのにも心地よい場所です。

世界遺産オルチャ渓谷の丘に佇む温泉地

世界遺産オルチャ渓谷の丘に佇む温泉地

シエナの南部は交通機関があまりないこともあり、郊外にあるスポットということになると一般的な観光客にとってはアクセスがしづらい地域でもありますが、言い換えれば自然を保護し無理な開発を行わないエリアといえます。
このバーニョ・ヴィニョーニもそんなトスカーナの代表的田園地帯である世界遺産オルチャ渓谷の丘の上にあり、手入れの行き届いた風情ある村の雰囲気、まさに美しきトスカーナを感じさせてくれる場所の一つです。温泉に入る目的でなくても、観光客で溢れかえるイタリアの都市部の喧騒から逃れてリラックスしたい方にはまさにうってつけのスポットと言えるでしょう。

日本でもマンガ“テルマエ・ロマエ”のヒットもあり、イタリア人が古代から温泉を愛していたという認識はあるかと思います。イタリアは日本と同様に国土に火山が多いため各地に温泉がある温泉大国なのです。トスカーナ州シエナ付近においては、ラポラーノ・テルメや南グロッセート方面のサトゥルリア温泉も有名ですよ。

トスカーナ州で最も高い山“アミアータ”の麓

トスカーナ州で最も高い山“アミアータ”の麓

ここバーニョ・ヴィニョーニの熱源は、約15kmほど離れたグロッセート県とシエナ県の堺にあるモンテ・アミアータ(アミアータ山)。この山はエミリア=ロマーニャ州堺のアペニン山脈部を除いて、トスカーナ州で一番高い山(1738m火山性)となっていて冬には積雪もありスキーなども楽しむことができます。
そしてこの山の麓に広がる糸杉の並ぶ緩やかな田園丘陵地帯がオルチャ渓谷。つまりは絵葉書になるようなトスカーナの美しい風景が続くエリアに聳え立つ象徴的な山なのです。
さらに、このアミアータ山はモンタルチーノ地域にミネラル分を多く含む複雑な土壌形態をもたらし、悪天候時には雨雲を遮る役割も備えるなど、地域の高品質ワイン生産においても大きな役割を担っています。

元郵便の駅を担った歴史のある地元ホテル“ポスタ・マルクッチ”

元郵便の駅を担った歴史のある地元ホテル“ポスタ・マルクッチ”

療養地として人気のあるバーニョ・ヴィニョーニには、温泉や地元グルメを満喫できるようなレストランや宿泊施設も充実しています。その中でも今回は村に併設されているリッチなホテルの一つ、“ポスタ・マルクッチ”をご紹介しましょう。

ホテルのロゴには馬車のイラスト、名前には“ポスタ”の文字。これは1850年頃、地元のマルクッチ家がこの場所で食材の販売や郵便駅(ポスタ)を営んでいたという歴史に由来しています。それから約100年後の1956年に、現在のホテルのメインとなるフロアが完成し、70年代にはスパ・ウェルネスをより充実させ、ゲストを迎える地元の療養温泉ホテルとして確固たる地位を確立しました。およそ49℃に保たれたこちらの温泉は、重炭酸、硫黄、アルカリ成分を含み、疲労、肩こり、筋肉痛などの健康効果のほか美容効果もあるそうです。もちろん、リゾートならではのマッサージや泥パックなどのオプションも充実。
旅の途中、疲れを1日ゆっくり癒す。温泉・マッサージを楽しんだ後に地元オルチャの厳選された食材を使った料理とワインに舌鼓。そんな贅沢な人生の1ページがあってもいいですね!

アルベルゴ・ポスタ・マルクッチ(Albergo Posta Marcucci)
住所Via Ara Urcea , 43 , 53027 Bagno Vignoni(SIENA)
営業時間要予約、通常1月休業
※2020年は1月6日~3月6日まで改装のため休業
※イタリアの温泉は水着着用が義務付けられています。
電話+39 0577 887112
HPhttps://www.postamarcucci.it/
バーニョ・ヴィニョーニへの行き方
シエナ鉄道駅よりブオンコンヴェント駅へ約30分(早朝は2本のみ)
https://www.trenitalia.com/it.html
ブオンコンヴェントよりバスでバーニョ・ヴィニョーニへ30分ほど(早朝一本のみ1時間)
公共交通機関は待ち時間もかかるので、レンタカーもしくはハイヤーミニヴァン利用推奨です。
https://www.tiemmespa.it/

鈴木 暢彦

トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年~2018年までシエナ中心街にてイタリア人と共同でワインショップを経営。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。

トスカーナの関連コラム