ボルツァーノのメルカティーノ・ディ・ナターレ(クリスマスマーケット)

ボルツァーノのメルカティーノ・ディ・ナターレ(クリスマスマーケット)

「メルカティーノ・ディ・ナターレ」と呼ばれるクリスマスマーケットは、イタリア各地にてナターレ(クリスマス)の時期に開催されます。そのなかでもイタリア北東に位置し、オーストリアやスイスに隣接するトレンティーノ-アルトア・ディジェ州内では、その立地や歴史背景からくる、独特のメルカティーノが体験できる場所。必見・必訪です!

イタリア北東、ボルツァーノの恒例メルカティーノ

イタリア北東、ボルツァーノの恒例メルカティーノ

トレンティーノ-アルト・アディジェ州の州都であるトレントを中心とした南側は主にトレンティーノ地方、ボルッツァーを中心とした北側は主にアルト・アディジェ地方と大別されています。長くドイツ系の領地下にあったことから、土地のもつ文化は完全にドイツ圏の持つ影響を受けており、今現在もそれが色濃く残っています。実際のところ、南側ではイタリア語話者が多数いますが、北側では多くがドイツ語話者であるとされ、一般にはドイツ語がイタリア語を上回るほどに多く飛び交う場所です。
世界でも古く大規模を誇るドイツのクリスマスマーケットも、当然のことながらこの地の風習として根付きました。公式的には、1991年にボルツァーノの公式イベントとなり、当時からすでに多くの集客があったといいます。このシーズンの風物詩として多くの人々を魅了するのは、今も昔も変わることなく、そしてこれからも続くものでしょう。
今シーズンは2019年11月28日〜2020年1月6日までを会期としており、街全体が楽しい、賑やかな雰囲気に包まれています。また、ボルツァーノ県下、メラーノ、ブレッサノーネ、ヴィピテーノ、ブルーニコなどでも同様のスケジュールでメルカティーノが開催されています。

メルカティーノの楽しみ方。昼も夜も楽しんで!

メルカティーノの楽しみ方。昼も夜も楽しんで!

とにかく街全体が、ナターレ仕様で美しくデコレーションされていますが、特にゴシック・ロマネスク様式の美しいドゥオーモの前に広がるヴァルター広場(Piazza Walter)がメルカティーノの中心となります。大きな広場には、約80軒の様々な屋台が設置されています。店先に並ぶものとは、ナターレ用のグッズ、手袋や帽子、スリッパなどの防寒衣料品、アクセサリー、香水、土地のおいしい産物、そして暖をとるためのバール等。
クリスマスツリー用のオーナメントは、ガラスや木、布などを使い、この地方独特の繊細な細工がされており、非常に美しいものです。ここを訪れる人々は、毎年少しずつお気に入りのものを買い足していきます。

また、ヴァルター広場から少し歩いた市庁舎広場(Piazza Municipio)では、小さなアルティジャナーレ(職人)の工房にて作られるアクセサリーや小物などを紹介する屋台が立ち並んでいます。ここでは、簡易式のスケートリンクも設置され、気軽に貸し靴を借りてリンク上を楽しむこともできます。
会期中はほぼ毎日、朝の10時~夜7時(詳細スケジュールは下記参照)に屋台が開きます。終日どんな時間帯も楽しめますが、ぜひとも日中も、そして暗くなってライトアップされた日没の時間帯後も訪れてみてください。幻想的な中に、ナターレシーズンのワクワクとするような雰囲気を味わうことができ、とてもお勧めです。ただし、夜は特に冷えますので防寒対策をしっかりと!

ボルツァーノならでは! のおいしいもの

ボルツァーノならでは! のおいしいもの

イタリア最北東の地ですから、ここは独特な食文化がみられます。まずは、プレッツェル。バリエーションも豊富です。その他、ライ麦をベースにしたパン各種、シュッテルブロードという薄いクロッカンテな食感のパンなど。 また、欠かせないのがナターレ菓子のゼルテン。クミン、シナモン、ナツメグなどのスパイスやナッツ類、オレンジやレモンの皮の砂糖漬けなどの入ったずっしりとした焼き菓子です。もちろん、リンゴや干ブドウを巻いたお馴染みのストゥルーデルも多く見かけます。 この土地を代表する燻製ハムのスペックやソーセージなどの肉製品も豊富。屋台では、焼いたものを挟んでパニーニにもしてくれます。とっておきは、寒い地方ならではの温かい飲み物。りんごジュースとラムにスパイスを加えて温めたものや、プンチョと呼ばれるマンダリンのリキュールを温めたものをマグカップに入れて飲みます。とーっても甘いのですが、身体がポカポカと温まります。 パンをベースにスペックやチーズをたっぷり混ぜ込んだ、団子状のカネーデルリや大きな鍋で仕上げるポレンタには、アジのオイル漬けを添えていただきます。北国の寒さゆえ、身体の温まる食材の豊富なこと! 寒さなどもろともせずに、おいしいものの周囲には、いつも多くの人だかりができています。
種類豊富なカネーデルリ(左)と温かいポレンタを大きな鍋で準備中(右)
メルカティーノ・ディ・ナターレ
開催場所ボルツァーノ旧市街地内 ヴァルター広場(Piazza Walter)、市庁舎広場(Piazza Municipio)、エルベ広場(Piazza Erbe)
会期(2019/2020年)2019年11月28日~2020年1月6日 10〜19時
ただし、12月24日・31日・1月1日は変則的
定休日12月25日
HPhttps://www.mercatinodinatalebz.it

白浜 亜紀

ヴェネト州パドヴァ在住。通訳、翻訳、地元マンマの料理レッスン及び生産者訪問コーディネイト、そして野菜を中心とする農産品の輸出業などの活動を行う。 農産物やワイン、各種食材の生産者から料理店、家庭のマンマに至るまで、土地の人々に密着した生きたヴェネトをとことんご案内しますよ。ONAFチーズ鑑定士、AISソムリエ協会。

トレンティーノ - アルト・アディジェの関連コラム