冬のコルティーナ・ダンぺツォでスキーはいかが!

冬のコルティーナ・ダンぺツォでスキーはいかが!

コルティーナ・ダンぺッツォへは、ヴェネト州の東の玄関ヴェネツィアを北上して行きます。3000m級の山に囲まれた盆地で、標高は1220m。街からは360度素晴らしい景色が眺められます。
コルティーナと言えば、世界遺産ドロミテ渓谷のハイソな避暑地というイメージがありますが、夏だけではなく、冬にもイタリア各地からここに別荘を持つリッチな方々が集います。近年は観光客も増えてきました。また2026年には1956年の後、2回目の冬季オリンピックがミラノーコルティーナで開催されることが決定し、今後益々活性化していきそうです。スキー場は、オリンピックに向けて、さらに新しいコースを作り、初心者から上級者まで楽しむことができます。スキーをされなくても、ロープウエイで山頂へ行き、山小屋で雪山を見ながらのお食事も楽しめますよ。

リフージョ(山小屋)を楽しむ

リフージョ(山小屋)を楽しむ

コルティーナには、ファローリアスキー場、トファーナスキー場がありますが、今回はファローリアスキー場に行ってきました。ロープウエーで雪化粧の山々を見ながらゆっくりと登って行きます。ロープウエーの到着地は2123m。リフージョ・ファローリア。リフージョは、イタリア語で山小屋です。宿泊もでき、レストランもあります。素晴らしい景色を見ながらゆったりするのも良いかもしれませんね。

圧感景色の中でスキー

圧感景色の中でスキー

コースマップを見ながら、リフトを乗り換えて、好きなコースを滑ります。日本とほぼ同じで、黒が上級者、赤が中級ですが、初級は青です。緑はコントロールされていない場所とされています。ちなみにファローリアには17コースあります。

スキーを楽しんで、小腹が空いたら、やっぱりリフージョ。8つあるリフージョの中でも一番標高が高い2362mのカパンナ・トンディに行ってみました。サルシッチャとチーズの入ったパニーノと赤ワインで休憩。ジューシーでとてもおいしかったです。

コルティーナの街から

コルティーナの街から

コルティーナは、ドロミティ渓谷への東からの入り口。ヴェネツィアからバスが出ています。約2時間で、ヴェネツィアの駅、空港からコルティーナ入りすることができます。 また、コルティーナの街に入ると、中心の大通り、コルソ・イタリア(corso italia 81)にインフォメーションがあり、地図、ガイドなど、細かく教えていただけます(英語)。日本語のガイドも置いてあるそうです。(私が行った時は、増販待ちでした) コルティーナからは、近郊の観光名所にもバスで行くことができます。ミズリーナ湖には世界に4カ所にしかない(フランスのブリアンソン、スイスのダヴォス、コロラドのデンバー、そしてミズリーナ)小児喘息の療養所があり、最良の空気を誇ります。車でコルティーナから山道を行き、ミズリーナ湖に続く真っ直ぐの道に入った瞬間、世界が開け、正面にトレチーメ(3つの頂が美しい事で知られています)がドーンと立っている景色は、思わず息を呑みます。
黄色の建物が小児喘息の療養所
UFFICIO INFORMAZIONI TURISTICHE(インフォメーション)
HPhttp://www.dolomiti.org/

西村 明美

初めて食べたプロシュット・ディ・パルマとパルミジャーノ・レッジャーノチーズに魅される。2003年には好きだったワインを勉強し、AISイタリアソムリエ協会のソムリエの資格を取る。その後、サルメリア研修をし、パルマの食を勉強。各種コーディネート、通訳、翻訳など活動中。

ヴェネトの関連コラム

関連する旅プラン