Sagra di Agrumi -柑橘祭-

Sagra di Agrumi -柑橘祭-
荷台で昔の生活様式を披露している人々
お祭り好きのサルデーニャ人、1年中週末ともなれば、大なり小なりどこかでお祭りが開催されています。折に触れ、そのお祭りたちをご紹介したいと思います。今回は毎年4月の上旬に島の南東、州都カリアリから70Kmほど離れた海岸沿いにある町ムラベーラで行われる柑橘祭のお話です。
始まりは町の観光協会会長のアイディア

始まりは町の観光協会会長のアイディア

あちらこちらに飾られている柑橘類
1961年、当時のムラベーラの観光協会会長が町をもっとアピールして町の素晴らしさを知ってもらい、多くの人々が訪ねて来てくれるように、と昔からのこの地方の特産物である柑橘類をタイトルにしたイベントを企画したのがこのお祭りの始まりです。柑橘類をメインに、しかしそれだけではなく周辺の職人の技やその製品、郷土の産物なども取り上げて紹介するというこの素晴らしい案はムラベーラの柑橘類農家だけでなく、周辺の職人や住民からも多くの賛同を得ました。それから半世紀を経て今日ではこのムラベーラの文化祭はサルデーニャを代表するお祭りのひとつとなり、毎年多くの人々が島内外から見物にやって来ます。
クライマックスは民族衣装を着けた人たちのパレード

クライマックスは民族衣装を着けた人たちのパレード

(左)先頭の牛車/(右)飾り付けされて荷台を引いたトラクター
お祭りは4月上旬の金曜から日曜の3日間、いろんなイベントがありますが、何と言ってもクライマックスは日曜に行われる華やかなパレード! まずパトカーに先導され、姿を現すのは花や柑橘類で飾られた牛車。残念なことに去年(2019年)はパレードが始まってすぐ辺りが真っ暗になり、大粒の雨が……それでも傘をさしたりカッパを着て果敢に挑んだものの、かなりの大雨になり30分ほど中断。その後、小降りになり飾りを施したトラクターに昔の生活様式を再現した舞台になった荷台がやって来て再開。続いて、ムラベーラだけでなく島中から集まった人々がそれぞれの町の民族衣装を身に着け練り歩きます。その合間合間にもトラクターや牛車に牽引された荷台が現れ、舞台上の人たちがオレンジやお菓子を見物客に振る舞う姿が見受けられます。
パレードの途中には踊りや民族楽器の演奏もあり

パレードの途中には踊りや民族楽器の演奏もあり

(左)牛頭? のカーニバル衣装を着けた人/(右)ラウネッダを吹くグループ
パレードにはカーニバルの時の衣装を着けたグループやところどころ立ち止まっては見物客にフォークロアダンスを披露するグループ、ラウネッダと呼ばれる3本の異なる長さの葦笛で独特な音楽を奏でるグループなどが順々に現れ、次はどんなグループなんだろうと一時も目が離せません。 先日、発表されたばかりの今年のお祭り日は例年より遅く、4月17~19日だそうです。金土とはオレンジやレモンの畑を訪ねたり、コンサート、写真展などいろいろなイベントがありますが、機会があればぜひ日曜のパレード見物、またムラベーラの甘酸っぱいオレンジを味わってみて下さい。
ムラベーラへのアクセス
注意点カリアリから公共交通機関を使った移動は月~土は少数ながら乗り換えなしで行けるバスがあります。ただ日曜はほぼないので、パレードに行かれるのであれば、日曜までに移動して下さい。またバス以外の公共交通機関はありません。その他はタクシーまたはレンタカーで移動になります。

藤田 智子

サルデーニャに恋をして2003年よりサルデーニャ島在住。家庭料理や食材の探求を 続ける傍ら"食"をテーマに現地の旅行、視察、料理教室をコーディネート。 日本でも料理教室を開催するなど、日本とサルデーニャの食文化交流に活躍中。 著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)

サルデーニャの関連コラム