プーリア時間を感じるスローな電車の旅[ヴァッレ・ディートリア~アルベロベッロ編]

プーリア時間を感じるスローな電車の旅[ヴァッレ・ディートリア~アルベロベッロ編]

今までプーリア中央部に位置するヴァッレ・ディートリアについての見どころをたくさんご紹介してきましたが、今回はヴァッレ・ディートリアからスタートする、プーリアの豊かな田園風景とおとぎの国のような白い街並み、そしてのんびりした時の流れを感じていただくローカル電車の旅をご紹介します。とはいえ、慣れない土地での個人旅行ではちょっとハードルが高いと思う人も多いでしょう。正直言ってすごく便利とは言えない電車事情ですが、事前に知っていれば安心な最新情報とアドバイスもお伝えしますよ。

チステルニーノ チッタ(Cisternin Citta’)駅からアルベロベッロ(Alberobello)駅まで。

チステルニーノ チッタ(Cisternin Citta’)駅からアルベロベッロ(Alberobello)駅まで。

イタリアで電車の旅といえば、主要都市を結びイタリアを縦断する国有鉄道トレニタリア(Trenitalia)に乗った事がある方もいらっしゃると思います。今回はちょっとマニアックなプーリア州の真ん中を7路線走るディーゼル単線鉄道、その名もフェッロヴィエ デル スッドエスト(Ferrovie del Sud-Est=南東鉄道)を利用します。 Linea2沿線のチステルニーノチッタ駅から、途中マルティナフランカ駅でLinea1に乗り換えてアルベロベッロ駅まで片道約1時間の旅です。

まずはインターネットで時刻表をチェック。ここでの注意点はトレニタリアとスッドエストがチケットの予約購入システムを共有している事。トレニタリアのページ(https://www.trenitalia.com/)からでもスッドエストのページ(https://www.fseonline.it/)からでも行き先と利用日を入力すると同じページにとびます。
まずは出発駅にCisterninoと入力するとCisternino、Cisternino Cittàの2つが出てきます。今回は市街地に近いスッドエストの駅Cisternino cittàから出発しますが、トレニタリアのCisternino駅は町から10kmほど離れたオリーヴ畑の真ん中にあるのでどうぞお間違えなく。到着駅もAlberobelloと入れるとこちらもAlberobello、Alberobello Contrada Coreggiaの2つが出てきます。こちらは市街地に近いAlberobello駅を選びます。 以下のように出発地と行先を入力して検索してくださいね。
Da:CISTERNINO CITTA'
A: ALBEROBELLO
乗車券はどこで買えばいいの?

乗車券はどこで買えばいいの?

スッドエスト線はおもに地元民の通勤通学の為に使われている路線なので朝と昼過ぎには本数も乗客も多くなります。これに便乗して朝から出かけて余裕をもって陽のあるうちに宿に戻れれば安心かと思います。 乗車券はオンラインで買うことも可能です。サイトの言語は英語も選べます。この場合、乗車中に検札に来る車掌さんにスマホの画面を見せればOK。

でも、旅先でネットに上手くつながらなかったり電池切れなんてこともあるかもしれませんよね。個人旅行の醍醐味は地元の人との触れ合いでもあります。そこで乗車券を駅近くのバールやタバッキ(Tabacchi)と呼ばれるたばこ屋さん、ガソリンスタンドなどで購入してみてください。駅で買えるだろうと思うかもしれませんが、無人だったり乗車券自販機が壊れている場合もあるので要注意です。チステルニーノチッタ駅の場合は徒歩7分程のタバッキが一番近いお店です。駅のすぐ側にお店があるとは限らないので乗車券は前日や事前に購入しておくと安心です。ちなみに乗車券なしで乗車した場合、車内検札の際に割高の値段をとられてしまいますのでお忘れなく。

えっ、もう出発? どこで乗り換え? どの電車に乗ればいいの?

えっ、もう出発? どこで乗り換え? どの電車に乗ればいいの?

駅の建物は立派でも無人で鍵がかかっていることもあります。改札口はなくホームの壁に設置された黄色い箱に改札機で乗車券をカチャっと音がするまで差し込むと時刻が刻印されます。 乗車券はその時刻から4時間有効、途中下車も可能です。チリリリリーンとレトロなベルが鳴り響き、暫くすると到着や行き先を告げるアナウンスはなく、電車がスーッとホームに滑り込んできます。ドアが開きそしてまたすぐにアナウンスもなく電車は出発します。次の停車駅マルティナフランカがこのLinea2の終点となり乗り換え駅です。アルベロベッロ行きのLinea1の電車が出発するホームは直前に変更になることがありますので、イタリア語に自信がなくても「アルベロベッロ?!」と一言、近くにいる気の良さそうな人に笑顔で聞いてみてください。必ず親切に教えてくれます。都会の大きな駅ではこうはいかないかもしれませんが、田舎ののんびりした駅なら何の心配もいりません。ブドウやオリーヴ畑、トゥルッリの点在する田園風景を眺めながら約20分で二駅目のアルベロベッロ駅に到着です。

私が乗車した時の窓からの風景をyoutubeに上げてみましたのでご覧ください。

Ferrovie del Sud-Est _Ciseternino Citta' 南イタリアプーリア州のSudーEst鉄道

駅を出ると真正面のバール・パスティチェリア、ブラック&ホワイト(Black & White)でほっと一息つくのもよいでしょう。店主アントニオさんこだわりのコルネットやケーキは目を丸くするおいしさです。パニーノや軽いランチも食べられ、旅行者のために町の地図なども置いてあるのもうれしい限り。世界遺産の旧市街まではまっすぐ坂道を登って徒歩約10分で聖コジモ・ダミアノ教会近くに出たら、もうすぐです。

Black & White:バール・パスティチェリア・カッフェテリア
住所Piazzale F.lli Kennedy 1
電話+39 080 432 1586
HPhttps://www.facebook.com/blackandwhitealberobello/

大橋 美奈子

プーリア中央部に位置するヴァッレディートリアはのどかな白い田舎町に囲まれトゥルッリの点在するおとぎの国のような田園地域。都会育ちの根無し草だった私がこの地に魂を掴まれて気がつけば20年。プーリアと日本の架け橋となるべく(有)ダプーリア設立し、スローライフを実践中。プーリアの魅力を発見するお手伝いが出来ればこれほど嬉しい事はありません。

プーリアの関連コラム

関連する旅プラン