紀元前、古代ローマ帝国に架けられた奇跡の橋を渡ろう

紀元前、古代ローマ帝国に架けられた奇跡の橋を渡ろう

紀元前、拡大を続ける古代ローマ帝国がその侵攻のために架けた橋がヴァッレ・ダオスタ州の小さな村にあります。急流のリス渓谷に高々と架けられた橋の美しさもさることながら、なんとその橋を今でも現役、普通に渡る事ができるのです。アウグストゥス帝の下、ガリア街道にかけられ、当然ローマ帝国軍も渡ったであろう、悠久のロマンあふれるサン・マルタン橋をご紹介します。

悪魔の橋?! 古代ローマ人の偉業「ポン・サン・マルタン」

悪魔の橋?! 古代ローマ人の偉業「ポン・サン・マルタン」

古代ローマ帝国によって架けられた橋「ポン・サン・マルタン」は、北イタリア、山深いヴァッレ・ダオスタ州の小さな集落、橋と同名のポン・サン・マルタンにあります。橋を中心とした小さな集落ですが、その先にはローマ帝国時代に建設された都市アオスタがあり、ローマ帝国軍の侵攻の重要な足がかりとなった街道沿いにあります。
橋の建設は紀元前1世紀初めとされ、高さ約36メートルもあるアーチ型の石橋は、古代の橋としては最大で、また画期的な橋と言われています。水足の早いリス渓谷の上に、高く架かる重厚な石橋の姿は実に圧巻です。その勇姿からか、この橋にはこんな伝説が残ります。巡礼中の聖人マルティンが悪魔と取引し、悪魔に1日でこの橋を作らしたといういい伝え。その伝説に準えて橋の中央にはマルティン聖人の像も供えられています。
まあ悪魔なんて仰々しいですが、そんな魔法でも使わない限りできないような古代ローマ人の偉業、実際2000年以上現役という奇跡の橋なのですから、それこそ神がかっているような気がします。

古代ローマ人の軌跡をたどる「アオスタ」の街

古代ローマ人の軌跡をたどる「アオスタ」の街

さて、ポン・サン・マルティン橋を渡り、ガリア街道をたどると、古代ローマ帝国が、アルプスを越えて侵略を進めるための足がかりとして築いた街「アオスタ」につきます。
今は、スキーやトレッキングなど、アウトドアスポーツの宿場として有名な街ですが、実は古代ローマ時代の遺跡が数多く、しかもとてもいい状態で修復、保存されていています。遺跡マップの観光案内も街中に整備されていて、とてもスムーズに見て回る事ができ、それをたどって行くと、その当時、公共施設がしっかりとした先進的な大都市だった事が容易に想像されます。むしろ、遺跡の上にどんどん新しい街ができてカオス化している本拠地ローマより、より良く遺跡から当時の姿を感じる事ができるのではないのでしょうか。その遺跡たちが現役だった頃を想像すると、華やかで賑やかなだった街並みが目に浮かぶようです。

ローマ帝国の遺跡を巡る旅の行き方、楽しみ方

ローマ帝国の遺跡を巡る旅の行き方、楽しみ方

そんなローマ帝国の軌跡をたどる旅は、トリノから電車で行く事ができます。サン・マルタン橋へはトリノ駅から約1時間半「Pont Saint Martin」駅で、駅から徒歩20分ほど。またアオスタまでは「Pont Saint Martin」駅からさらに約40分「Aosta」駅下車。いずれも普通電車でゆっくり進みますが、車窓から見える雄大なアルプスの景色は、鈍行列車の旅を楽しくしてくれる事でしょう。
そしてこの地方に着いたら、ぜひ食べてもらいたいのが「Fonduta」。この地方のチーズフォンデュなのですが、チーズと白ワインで作るスイスのそれと違い、チーズと牛乳で作るまろやかな味わいがとってもおいしいですよ。
鈍行列車のちょっぴりのんびり旅にはなりますが、古代ローマ遺跡と、アルプス山麓とチーズフォンデュ、色々楽しいヴァッレ・ダオスタの旅、遺跡好き、山好き、鈍行好き、グルメ好き、など通な旅好きの方にオススメです。

藤原 亮子

イタリア・フィレンツェ在住フォトグラファー&ライター。東京でカメラマンとして活動後、'09年、イタリアの明るい太陽(と、おいしい食べ物)に魅せられて渡伊。現在、取材・撮影・執筆活動をしつつ、イタリアの伸びやかな景色をテーマに写真作品も制作中。

ヴァッレ・ダオスタの関連コラム