ヴェネツィア人の台所、リアルト市場(Mercato di Rialto)

ヴェネツィア人の台所、リアルト市場(Mercato di Rialto)
カナル・グランデ(大運河)のほぼ中心、リアルト橋のたもとに位置するのが、リアルト市場。その立地からも、ヴェネツィア共和国の繁栄を支える、歴史的に重要な意味を持つ場所だ。そして、そこは彼らの台所としての機能も果たし、彼らの胃袋を支えてきた場所でもあった。現代である今日も、その事情は変わることがない。ヴェネツィア人の食文化、そして彼らの家庭の食卓を知るには、まずは市場へ直行すべし!
商人の街、ヴェネツィアの中心地となる理由

商人の街、ヴェネツィアの中心地となる理由

ヴェネツィア本島でも最も古い地区として栄え、11世紀からここは商業の中心地であった。売買されていたのは、当時からヴェネツィア人たちの食卓を彩る、魚や野菜、肉などの食料品。そして、この地が商船の重要な船着場でもあったことから、東方から運ばれてきた香辛料や布、繊維、貴金属などの取引もこの地区を中心に行われていた。それらの商店街は商品ごとに同橋を中心に区域分けがなされていた。
市場を中心とするこの地区には現在「バーカロ」と呼ばれる日本でいう居酒屋が点在する。その老舗店のひとつが「バンコ・ジーロ(Banco Giro)」。店名は当時のものが現存している。銀行・金融商(バンカ)の名残りであり、ここで各国の通貨が交換・換金され、また商人たちのお金の管理をしていた場所なのだ。
リアルト市場の象徴、魚市場

リアルト市場の象徴、魚市場

リアルト橋を背にし、カナル・グランデを右手に歩くとほどなくして市場にたどり着く。まずは、大きな屋台が立ち並ぶ野菜や果物などを扱う八百屋。さらに奥へ進むと、魚売り場のロッジャ(柱廊)が見える。魚市場のある建物自体は比較的近年のもので、20世紀初頭に建築された。その建物は二つに分かれていて、運河側のものはもともと業者用卸市場。もう一方が一般向けであり、建物の上部には「メルカート・アル・ミヌート(Mercato al Minuto、いわゆる“即売所”という意味)」と記されているが、現在では両者ともが一般向けの魚市場である。また、当時の国家が販売許可とした魚のサイズを表示した看板も見られる。ヴェネツィアなまりの魚介名の表記であるが、これらがすべて分かれば立派なヴェネツィア通(?)といえるかもしれない。
ヴェネツィアならではの素材とは?

ヴェネツィアならではの素材とは?

ラグーナで漁獲される近海ものがやはり伝統的なヴェネツィア料理のベースといえる。イカの墨煮に使われるのは甲イカ。小さなものが柔らかくておいしい。小型のイワシやモスカルディーニと呼ばれる小さなタコやシャコ、アサリやムールなども土地料理には不可欠なものだ。脱皮したてのカニ「モエーケ」は、春先と秋口のごく短期間のみで、市場では1kgあたり60ユーロ近くの高値がつくこともある。野菜では、これも春先だけに収穫されるカストラウーレ。ヴェネツィアの畑の島・サンテラズモ島の名物で、カルチョフィの一番つぼみをさす。また、「フォンディ」と呼ばれる皿のような形に掃除され、水に浮かべて売られるカルチョフィもこの土地ならでは。
ヴェネツィアならではの食材をここでは間近に見ることができる。
リアルト市場(Mercato di Rialto)
住所Calle de la Pescaria, 30122 Venezia(VE)
営業時間魚市場 7:30~12:30 /野菜・果物市場 7:30~13:30
定休日魚市場 日、月曜 /野菜・果物市場 日曜

白浜 亜紀

ヴェネト州パドヴァ在住。通訳、翻訳、地元マンマの料理レッスン及び生産者訪問コーディネイト、そして野菜を中心とする農産品の輸出業などの活動を行う。 農産物やワイン、各種食材の生産者から料理店、家庭のマンマに至るまで、土地の人々に密着した生きたヴェネトをとことんご案内しますよ。ONAFチーズ鑑定士、AISソムリエ協会。

ヴェネトの関連コラム

関連する旅プラン