4つの世界遺産を持つシエナ泊のすすめ

4つの世界遺産を持つシエナ泊のすすめ

シエナは、フィレンツェの南60kmほどのところにある、トスカーナ州シエナ県の町。4つの世界遺産を持ち、1995年には歴史地区がユネスコ世界文化遺産登録されました。かつてはシエナ共和国として13~14世紀に最も栄えた都市国家で、フィレンツェとトスカーナの覇権を争っていたシエナ。3つの丘が重なり合うようにできているため、坂の傾斜が街並みを一層美しく際立たせています。その丘の上に佇む最高峰のゴシック建築であるドゥオモは、外見だけでなく内部も一見の価値ありです。

シエナとは?

シエナとは?

町には、ルネサンス期にヨーロッパ中に影響を与えたシエナ派の芸術家、ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ、シモーネ・マルティーニ、ロレンツェッティ兄弟らの作品の展示美術館があります。かつての栄光は現代もシエナ人の血筋に受け継がれ、年に2回の伝統行事「パリオ」では、熱狂的な彼らのその歴史と情熱を垣間見ることができます。その舞台となるカンポ広場に腰を下ろし、シエナの歴史に思いを馳せるのも旅の醍醐味かもしれませんね。
またシエナの町の周辺には、サン・ジミニャーノ、キァンティ地方、モンタルチーノ、オルチア渓谷、ピエンツァ、モンテプルチアーノなどトスカーナの情景、郷土料理やワインを満喫できるスポットが目白押しです。
【主なおすすめワイン】
★キャンティ・クラシコDOCG
★ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノDOCG
★ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノDOCG
★ブルネッロ・ディ・モンタルチーノDOCGなど

4つの世界遺産

4つの世界遺産

イタリアは、ユネスコの世界遺産の数が世界一の国。現在54の遺産があります(2019年2月現在)。トスカーナ州シエナ県にはそのうちの4つがあり、シエナへ滞在しながら、それぞれの世界遺産を巡ることが可能です。

まず1つは、「シエナ歴史地区」。シエナの町は外壁で囲われており、その内部(歴史地区)はコントラーダと呼ばれる17の地区に分かれ、人々が暮らしています。中世から時が止まったような美しいゴシックの街並みが特徴的です。1995年に世界文化遺産に認定されました。

2つ目は、「サン・ジミニャーノ歴史地区」。シエナの北西に位置する、現存する14の塔が象徴的な中世の町です。白ワイン、ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノの産地としても知られています。1990年に世界文化遺産に認定されました。

3つ目は、「ピエンツァ市街の歴史地区」。シエナの南に位置するワインの里、モンタルチーノとモンテプルチアーノの間にある丘の上の村です。ローマ法王ピウス2世の命で理想都市構想のもと、つくられました。眼下に広がるオルチャ渓谷は、まさにトスカーナの絶景です。1996年に世界文化遺産に認定されました。

4つ目は、「ヴァル・ドルチャ(オルチャ渓谷)」。シエナから南40kmほどの、なだらかな丘陵地帯です。数百年前から続く、糸杉の立ち並ぶトスカーナの田園風景が広がっています。2004年に世界文化遺産に認定されました。

フィレンツェからシエナへの行き方

フィレンツェからシエナへの行き方

写真はローマのティブルティーナ駅のバスターミナルのチケット売り場
フィレンツェからシエナへはバスと鉄道で行くことができますが、中心街にダイレクトで辿り着けるバスの利用をおすすめします。シエナ駅は中心街から少し離れているので、大きな荷物がある場合には市内バス、タクシーがおすすめです。ローマからはティブルティーナ駅のバスターミナルからシエナ行のバスが出ています。こちらは、本数も豊富にありますよ。シエナへはフィレンツェから日帰りで済ませてしまう方が多いのですが、ぜひ2泊以上シエナを訪れ、本当のトスカーナの休日をゆっくり満喫してくださいね!
バス/鉄道情報
バスシータ・バスターミナル(Busitalia SITA Nord Autostazione )
HPhttps://www.sitabus.it/firenze-siena-autobus/
鉄道トレニタリア(TRENITALIA)
HPhttps://www.trenitalia.com/

鈴木 暢彦

トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年~2018年までシエナ中心街にてイタリア人と共同でワインショップを経営。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。

トスカーナの関連コラム