ヴァッレ・ディートリア(Valle d’Itria)を囲む町 (5)チステルニーノ(Cisternino )

ヴァッレ・ディートリア(Valle d’Itria)を囲む町 (5)チステルニーノ(Cisternino )

プーリア州の中央部に位置するヴァッレディートリア(Valle d’Itria=イトリアの谷)地区。その田園地帯を囲む5つの白く美しい町々は、「プーリアの真珠」とも呼ばれています。チステルニーノの旧市街であるチェントロ・ストイコ(Centro stoico)は、その中でも一番小さくほっこりするようなかわいらしさが際立っています。迷路のような石畳の路地を歩いていると、温かい気持ちに包まれ不思議な感覚を覚えることでしょう。

自生する植物のように有機的にできあがった、ヒューマンスケールの町

自生する植物のように有機的にできあがった、ヒューマンスケールの町

この町を日本に最初に紹介した陣内秀信氏の「ヘンリー・ムーアの彫刻の中にいるような錯覚を覚える」という一文に出会ったのは、私がチステルニーノを初めて訪れた22年前のこと。まさにその通り!と感激したのをよく覚えています。石と漆喰の建物が連なる細長く白い空間でも、威圧感や閉塞感ではなく、むしろ温かみを感じられます。それは、建物のサイズが不必要に大き過ぎず、人間の暮らしにちょうどいいからなのかもしれません。住宅の入り口へ登るすり減った石の階段や水場のある小さな広場は、どこも映画か演劇のセットのよう。「あの角を曲がったらどんな風景が待っているのだろう」と、ワクワクするのです。個々の建物の集合体というより、旧市街全体が一つの生き物のような繋がりと生命感を感じさせる特別な町。それがチステルニーノです。

時計台広場は町の応接間。心ゆくまでスローな時間をお楽しみください

時計台広場は町の応接間。心ゆくまでスローな時間をお楽しみください

旧市街へのメインの入り口は、ヴァッレ・ディートリアに面したポルタ・グランデ(Porta Grande)と目抜き通りであるヴィア・ローマ(Via Roma)に面したポルタ・ピッチェン(Porta Piccenne=チステルニーノ 。方言でピッコロの意)の2ヵ所。両方から道に沿って真っ直ぐ進むと、「チステルニーノの応接間」と呼ばれる時計台の広場、ピアッツ・デル・オロロッジォ(Piazza dell’ Orologio)、別名ピアッツァ・ヴィットリオ・エマニュエーレ(Piazza Vittorio Emanuele)に出ます。時計台の鐘がちょっと微妙なタイミングで鳴るのも、ご愛嬌。夏の間、ここは毎晩のようにコンサートや大道芸人の舞台となります。地図も持たずのんびりと迷うことを楽しみながら歩き、少し疲れたらジェラートやケーキが自慢の「バール・フォッド(Bar FOD)」でひと休みがよいでしょう。さらに見逃してはならないのが、ポルタ・グランデ側にあるヴィッラ(Villa=戦没者慰霊公園)からの眺め。北にロコロトンド 、北西にマルティナ・フランカ、南西にチェリエ・メサッピカ、南にオストゥーニ……と、全ての町と穏やかなヴァッレ・ディートリアの田園地帯が一望できます。近くのBar History(バール・ヒストリー)もオススメの人気スポットです。

元祖!肉屋の焼肉。路地がレストランに変身

元祖!肉屋の焼肉。路地がレストランに変身

「肉の町」と言えば、プーリア地元民の間ではその名も知れたチステルニーノ。何軒もある肉屋の焼肉レストランからおいしい匂いがたちこめ、観光シーズンピークの夜のにぎわいは歩くのもひと苦労。名物はその形と味からボンベッテ(Bombette=小型爆弾)と呼ばれる、チーズ入り豚肉巻き。さらにぜひ味わっていただきたいのは、近隣の牧場から直送されるとびきり新鮮なレバーやハツなどの仔羊や豚の内臓を、一口サイズに切って腸管で巻いたニュッマリッド(gnummridd)。これは、ホルモン焼きの観念が変わるほどのおいしさです。店先でショーケースから好きな肉を好きなだけオーダーすると、その場で串刺しにして薪オーブンで焼いてくれるのが、チステルニーノスタイル。路地にセットアップされたテーブルで焼き上がるのを待つ間は、ナスやアーティチョークなどの野菜の酢漬けにキリッと辛口の地元産ロザート(ロゼ)ワインを。その後は肉と一緒に、サリチェ・サレンティーノなどの赤ワインを。どちらも迷わずハウスワインをカラフでオーダーしてみてください。

バール・フォッド(Bar FOD)
住所 Piazza Vittorio Emanuele 5, 72014 CIsternino (BR)
TEL 080 444 1006
営業時間8:00〜翌2:00
休日なし
バール・ヒストリー(Bar HISTORY)
住所 Via San Quirico, 28 72014 Cisternino (BR)
TEL 080 444 1055、348 853 4811
営業時間7:00〜24:00
休日なし

大橋 美奈子

プーリア中央部に位置するヴァッレディートリアはのどかな白い田舎町に囲まれトゥルッリの点在するおとぎの国のような田園地域。都会育ちの根無し草だった私がこの地に魂を掴まれて気がつけば20年。プーリアと日本の架け橋となるべく(有)ダプーリア設立し、スローライフを実践中。プーリアの魅力を発見するお手伝いが出来ればこれほど嬉しい事はありません。

プーリアの関連コラム

関連する旅プラン