シエナの南でワインとトリュフ三昧!「アジエンダ・ロギ」を訪ねる|やっぱりイタリア好き コラム

シエナの南でワインとトリュフ三昧!「アジエンダ・ロギ」を訪ねる

シエナの南でワインとトリュフ三昧!「アジエンダ・ロギ」を訪ねる

シエナ県の南に位置する、2017年よりモンタルチーノ市に編入したサンジョヴァンニ・ダッソ。ここで高品質のトリュフとワインを生産する農家「アジエンダ・ロギ」をご紹介します!

観光化されていない隠れたトスカーナの田舎は、トリュフの名産地

観光化されていない隠れたトスカーナの田舎は、トリュフの名産地

中世の頃からトリュフの産地であったというサンジョヴァンニ・ダッソでは、1980年代初頭にシエナ産トリュフ生産者組合が設立され、今ではシエナ県より約300の生産者が登録するほどの規模となりました。毎年11月には白トリュフの祭典も開催され、試食やコンクール、マーケットなどで大変なにぎわいをみせます。

このサンジョヴァンニ・ダッソにて200年以上続く家系をもつ、ロギ社(アジエンダ・ロギ)のヴァレンティーノとエレナ。ヴァレンティーノの父は1985年頃に土地と家、1.5haのトリュフ狩りのできる森を購入しました。2000年にヴァレンティーノがロギ社を設立し、2002年から2005年に新たにブドウ畑を植え、ワイン生産も開始。現在では、12 haのブドウ畑、3 haのオリーヴ畑、そしてトリュフ収穫可能区域を含むおよそ30 haの森や畑を所有しています。

トリュフハンティングに、ランチやディナーを楽しめる

トリュフハンティングに、ランチやディナーを楽しめる

ロギ社に訪れたゲストは、約1時間半のトリュフハンティング体験や、トリュフをふんだんに使ったビュッフェ、ランチやディナーなどを体験することができます。トリュフ(tartufo)の種類は、季節によって下記のように変わります。

・1月1日~4月30日 タルトゥーフォ・マルツォーロ(3月=Marzoに由来するこの時期に採れるトリュフ)

・6月1日~9月9日 タルトゥーフォ・スコルゾーネ(黒トリュフ、サマートリュフ、タルトゥーフォ・ネーロ・エスティーヴォとも呼ばれます)

・9月10日~12月31日 タルトゥーフォ・ビアンコ・プレジャート(クレーテ・セネーゼの白トリュフ、香りも芳醇な最高級トリュフ)

トリュフの名産地で造るオーガニックワイン

トリュフの名産地で造るオーガニックワイン

さらにロギ社では、オーガニックのワイン造りを実践しています。ベースとなる白ワインは、トレッビアーノ種70%とマルヴァジア種30%の混醸。一日、果皮に漬けられます(スキンコンタクト)。赤はサンジョヴェーゼ種70%にメルロー種を30%(メルローのみ古いバリック樽での熟成あり)。また、「セニーパレ」という酸化防止剤無添加のサジョヴェーゼ100%のワインが、四千本のみ生産されています。最近のニュースといえば、このエリアから10kmほど離れた世界に誇るワイン名醸地・モンタルチーノに、3haの畑をリースで手に入れたこと。彼らの高級ブルネッロ・ディ・モンタルチーノも限定本数生産が始まり、ますます目が離せません!

イタリアの忙しい観光地に疲れたら、田舎でトリュフ体験とワインに舌鼓を打つのもいいですね!

アジエンダ・ロギ(Azienda Loghi)
住所 Loc. I Loghi SP75, 53024 Montalcino(SI)
TEL339 182 4946 ※5月は訪問不可
HPhttp://www.aziendaloghi.it/

鈴木 暢彦

トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年~2018年までシエナ中心街にてイタリア人と共同でワインショップを経営。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。

トスカーナの関連コラム